スターシードだからこその苦しみとは?

トップページ > スターシードの孤独とは > スターシードだからこその苦しみとは?

スターシードの苦しみは対人関係でよく見られる

スターシードの特徴を挙げたページでもご紹介していますが、対人関係において違和感や孤独を感じることが多いです。

3次元の地球人は、嫉妬心や執着心にたやすく駆られてしまいます。
何かと優位に立ちたがったり、誰かを見下すことで自尊心を慰めたり…「人の不幸は蜜の味」という言葉が存在することが何よりの証拠とも言えますが、人間には歪んだ感情を内包している部分も多くあるのです。

スターチルドレンたちは根本的に悪意を持っていません。エンパシー能力が高く、他人の感情を読み取れてしまう節があっても、悪意を持って人を陥れようとするようなネガティブな思考を理解することができないのです。
だからこそ余りの価値観の違いに戸惑い、自分ひとりだけが周囲に溶け込めない苦しみを感じてしまうことが多いでしょう。
違うことを異質なものとして認めようとせず、排除しようとする悪意によって、イジメや仲間はずれの標的とされてしまうことも少なくありません。

家庭内に問題があることも多い

両親が不仲だったり、暴力的だったりする家庭に生まれる苦しみを背負うのも、スターシードによく見られます。
愛と光で世界を満たすために転生してくるスターチルドレンだからこそ、自ら闇のある所に生まれてくるのです。

それでも、血のつながった家族との不和は相当の苦しみをもたらすもの。
スターシードとしての使命を思い出す前の段階であるなら尚更、学びにも通じるなんて意識もなく、ただ耐え忍んだり衝突してしまうことが度々見られます。

特に、バイオレットチルドレンが親となりインディゴチルドレンが子となる親子関係では、激しく対立することが多いです。
実際に、真逆とも言える価値観を持つ相手をお互い理解することができないまま、距離を置いてしまったというケースもあります。