スターシードとして目覚められない人たちとは?

トップページ > スターシードの孤独とは > スターシードとして目覚められない人たちとは?

バイオレット世代以降は比較的目覚めやすい

「スターシードの覚醒とは」のページでもご紹介していますが、スターシードの中にも覚醒できる人とできない人に分かれます。地球での転生回数が多ければ多いほど、地球の波動が馴染んでしまって目覚めにくいのです。

そのため、ごく最近地球に転生してきたとされるバイオレットチルドレン、インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、レインボーチルドレンは比較的目覚めやすいスターシードたちと言えます。
アセンションのための使命を果たす段階を経て、世代交代の流れで転生してきた彼らは、大多数が目覚めの段階に突入しているでしょう。

ただ、バイオレットの世代はまずスピリチュアルに対する懐疑心を取り除く段階を踏む必要性もあります(それぞれの世代の特徴については「スターシードの特徴は?」のページでご確認ください)

スターシードだからこそ目覚められない人も?

3次元の地球に慣れきってしまった魂を持った人はスターシードとして覚醒しづらいと前述しましたが、逆に地球環境に馴染めない人々の中でも目覚めることが難しいといったタイプもいます。

スターシードだからこその苦しみとして、対人関係に悩むことが多いというのもよく見られるものです。
違和感や不安感を内に抱え込んでしまって抑圧された気分でいたり、違いを受け入れられずイジメや虐待を受けてしまったりする人の中には、対人恐怖症やうつ病に陥ってしまう人も少なくありません。

ありのままの自分として生き、人生をワクワクしながら過ごすことがアセンションのカギです。そして、スターシードであると自覚する足がかりとも言えます。
心が疲弊しきってしまっている人たちの中にはスピリチュアルに関しても無関心になってしまい、スターシードとして目覚める段階に至れない人も多いのです。