スターシードの孤独とは

トップページ > スターシードの孤独とは

スターシードが抱える孤独

スターシードは地球外の星から転生してきた魂です。そのため、地球に生きているというだけで違和感や孤独を感じてしまうのです。

自分がスターシードであると自覚していない人でも、漠然と「何かが馴染まない」「何かが変だ」と感じると言います。自分の家にいるにもかかわらず、どこにというワケでもなく、ただ「帰りたい」という郷愁に駆られることも1度や2度ではありません。

こういった自分でも理由が分からないモヤモヤを幼少期から持っているというのもスターシードに顕著に見られる特徴の1つでしょう。
周りの子供たちが屈託なく、なんの不安もなく遊んでいる姿を見て、うらやましいと感じていた人たちもいるかもしれません。
スターシードの人たちは幼少期から大人びているように見られることが多いのですが、小さな身体に人知れず誰にも共感されづらい思いを秘めていたからではないでしょうか。

また、下層ページでもご紹介していますが、スターシードが抱える悩みの中でも多い「家庭環境の問題」が、子供時代からつらい経験を強いられる原因の一端になっています。
友達にも家族にも本当の自分を出すことができず、生きることに息苦しさを感じながら育ってきたスターシードは非常にたくさんいるのです

スターシードは迷子にも似ている

世の中の常識に馴染めないことや、周りの人たちが普通のこととして難なくこなす物事を上手に行うことができないという点も、スターシードが抱きがちな悩みです。

当然とされる慣習や規則に意義を見い出せない、出来て当たり前とされることが出来ない、根本的に考え方が違うことに驚いてしまう。
逆に、自分が大切なことだと思うことが周りに理解されない、するべきだと思うことが異端なことのように思われてしまう、思考の違いを認めてもらうことができない。
そんな苦悩や葛藤、混乱や不安、抑圧される苦しさ、総じて圧倒的な孤独感を抱えて生きている人は、もしかしたらスターシードなのかもしれません。

血縁者や友達、周囲に生きる人たちと価値観が全く合わないというのは想像するよりも遥かに大きな孤独を覚えるものです。
自分1人だけが異質な存在のような、見知らぬ場所に迷い込んでしまったような、そんな途方もない孤独に胸を痛めることも少なくないでしょう。

さみしさを感じた時、なんとなく空を見上げてしまうことが多いなと思うことはありませんか?
今、スターシードとして目覚めていない人でも、すでに覚醒した人でも、空を見ると心が落ち着くという人は多くいます。それは、空の向こうで数多に輝く星の中のどれか1つが、あなたの魂の故郷だからかもしれません。

スターシードの孤独が消えるときは近い

幼少期から抱えてきた孤独、不安、違和感、そういったネガティブな感情を手放す時が近づいています。
スターシードとアセンションの関係は切っても切れないものです。

すでに始まっている地球の次元上昇の波動に誘発されて、次々とスターシードたちが目覚め始めています。
自分がスターシードであることを思い出し、自分の使命を再認識した時、長い間1人で抱えてきた得体の知れなかった孤独や不安を理解して、そうだったんだ、と納得することができるでしょう。
そして、大勢の仲間や同志が存在することにも気づくはずです。今生きている世界が自分の魂のルーツとは別だったとしても、決して孤独だと嘆く必要がないと知るでしょう。

自らの波動も上昇していき、どんどん本来の次元へと還っていくにつれ、ありのままの自分が目を覚まします。
今までの苦しみは、自分の魂が成長するために必要なことだったと理解することもできます。

今、孤独や不安に押しつぶされそうだとしても、全ては自分が成長するためであり、地球や人類のアセンションを手助けするための大切なステップの1つにいるということなのです。