ライトワーカーとスターシードの関係

トップページ > ライトワーカーとスターシードの関係

ライトワーカーとスターシードの違いとは?

「ライトワーカー」のルーツは地球にあるという考えもあるようですが、有力なのはスターシードと同じく宇宙から地球に転生してきたという説です。地球や人類に光や愛のエネルギーを届けることを使命としています。

地球の波動上昇(アセンション)のサポートをするという使命を持っているのはスターシードと同じ。スターシードと違うのは、サポートの方法です。ライトワーカーはその名の通り、光の仕事人。光のエネルギーを使って、地球を平和へと導きます。

地球の暗闇の部分に光を当ててポジティブなパワーを生み出すライトワーカー。地球を何もせず放っておけば、たちまち暗闇に包まれてネガティブなパワーが私たちを支配するでしょう。ライトワーカーは、スターシードと同様にとても大切な使命を背負っているのです。

ちなみにライトワーカーには、「イルミネイティッド・ソウル(輝く魂)」、「ネオン・トライブ(ネオン色の種族)」という別名があります。

カテゴリ別にみるライトワーカー

光の仕事人であるライトワーカーですが、いくつか小さなカテゴリが存在します。一部のライトワーカーは普通のライトワーカーと性質が異なり、それぞれ役割があるのです。そのサブカテゴリをここでご紹介します。

まずは「ライト・ウォリアー」。日本語にすると「光の戦士」です。光エネルギーを使って、闇に包まれたネガティブなエネルギーを排除するために戦います。

次に「ウェイ・ショウワー」、つまり「道を示す人」です。ネガティブなエネルギーに包まれやすい地球に住む人類のために、光エネルギーを使って進むべき道を照らしてくれます。

そして、最後に「ヒーラー」です。光は温かくてポジティブなエネルギー。地球やそこに住む生物、人類を光で包み込んで癒してくれます。

それぞれの性質が違うために、ライトワーカー同士が衝突することもあるようです。しかし、ライトワーカーは光で地球にポジティブなエネルギーをもたらす人というのは共通。スターシードも含めて、みんなで協力して地球の脅威に立ち向かわなくてはなりません。

ライトワーカーの共通点とは?

ライトワーカーにはいくつか共通点が見られます。それをここではお伝えしましょう。

まずは、集団生活になじめないという特徴があります。これは、高次元の世界では横のつながりしかないために起こるのです。地球上での組織は上下関係があります。それに違和感を感じてしまうのでしょう。これはスターシードにも言えます。

集団が苦手で一人で過ごすのが好きな一方、人の役に立ちたい・助けたい・癒したいという思いが非常に強いです。これはスターシードにも当てはまりますが、ライトワーカーの方がその思いがより強い傾向があります。また、心穏やかな性格の人が多く、セラピストやカウンセラー、教師などの職に就く人もスターシードと同様に少なくないようです。

そして、ライトワーカーは力に目覚める前からスピリチュアルな世界に抵抗がありません。むしろ、現実世界よりも異次元世界に行って生活したいと思っている人がたくさんいます。

いかがでしたか?このように、ライトワーカーは特別な存在です。そのため、普通の人々に理解されず孤独になる人も多いでしょう。もし孤独に襲われたら、自分の使命は何なのか考えてみると光が見えてくるかもしれません。