アシュタールとスターシードの関係

トップページ > アシュタールとスターシードの関係

高尚な存在、アシュタールとは?

アシュタールは、高次元の存在の人たちと共に活動する「11次元のアセンテッドマスター」のことです。スピリチュアル好きならアセンテッドマスターという言葉を聞いたことがあるかもしれません。これは、天界に存在する高次元な魂を持つ人々のことです。代表的なのは、イエス・キリストやブッダなどがいます。アシュタールは、その人たちと肩を並べるとても高尚な存在なのです。

元々アシュタールという言葉は金星の言語で「愛」のことを指します。心から地球の平和を願い、宇宙を愛で包み込むサポートをしているのです。地球人を通してメッセージを送り続けるという方法で、地球を平和にする手助けをしてくれます。このメッセージを受け取る地球人は正式には全員で26人いると言われ、大切なお言葉を届ける重要な任務を担っているのです。

アシュタールは、宇宙連合の司令官である「コマンダー・アシュタール」という名前で呼ばれることもあります。高次元な世界は横の繋がりしかないので地球の司令官とは意味が違いますが、私たちが真の平和を手に入れるために強大な力でサポートしてくれているのです。

スターシードはアシュタールの星の種

地球のアセンションをサポートする「スターシード」と、世界を愛で包み込むサポートをする「アシュタール」の関係性を見ていきましょう。

遠い昔のある日、アシュタールは科学が発達するにつれて破壊されていく未来の地球を予測してしまったのです。こんなにも美しい地球が破壊されていくのは見たくない……そこで、銀河中の様々な星から勇者の魂を集め、未来の地球の無残な姿を伝えました。

その結果、勇者たちは美しい地球を救うためにその星への転生を申し出たのです。アシュタールはそれを承諾し、彼らの心に契約の証を植え付けました。この証が星の種、「スターシード」。そして、勇者たち自身のこともスターシードと呼ばれるようになりました。ちなみに、スターシードは「スターピープル」と呼ばれることもあります。

アシュタールはスターシードを生み出し、彼らと共に協力して地球を救おうとする救世主なのです。

アシュタールは一人じゃない!?

アシュタールは高次元な存在のため、実際の肉体を持っていません。基本的にはエネルギー体で存在し、必要に応じて波動を下降させて可視化するのです。そのため、一人なのか複数人なのかという判断はできません。

ちなみに、アシュタールという名前は私たちが分かるように付けられた名前であり、高次元の世界では使用しないのです。犬が匂いで個体を識別するように、高次元ではエネルギーによって個体を識別します。

そして、チャネラーによってメッセージの翻訳に差があるということも。まず、アシュタールには様々なエネルギーの性質があり、チャネラーの性質とアシュタールの性質が合致する部分が強調されることがあります。そのため、同じのメッセージでもチャネラーによって翻訳された内容が違うことがあるのです。

また、チャネラーの次元が低かったり知識不足だったりすると、翻訳が上手くできないということもあります。